スノーボードブランド紹介2017-2018:ブーツ-DEELUXE

本文上広告




Pocket

1.DEELUXEについて

スノーボードブーツの中ではナンバー1のフィット感を実現しているブランド。というのも、DEELUXEのブーツはサーモインナーと言いい、一人ひとりの足型をに合わせて専用のオーブンを使って熱成型することで個々人に合わせたインナーを作成する。読み方は「ディーラックス」。

DEELUXEの前身はスキーブランドとしてサーモインナーブーツを販売していたライケルというメーカー。1996年にスノーボードブーツ専門ブランドとしてライケルから独立した。
現在では、プロスノーボーダーの契約数No.1のブーツブランドとなっており、その技術力と地位を確立している。

2.サーモインナー

サーモインナーは一人ひとりの足型に合わせて、インナーを成型する、DEELUXEの特徴ともいうべき技術。
まず、インナーをブーツから取り出しオーブンで焼く。そうするとふかふかに膨らむので、足を入れて冷めるまで待っていると自分の足型に成型されるというわけだ。

こうして成型されたインナーは足が痛くなる原因となる、足に当たる部分がない。また、足裏感覚が良くなり、体から板に伝わる力の効率が良くなる。結果最大限のパフォーマンスを発揮できるようになる。

3.おすすめモデル紹介

3-1.ID6.3

10年以上前から人気となっているDEELUXEのベストセラーモデル。やわらかいフレックスながらも足首はしっかりと固定されボードのコントロールはしやすくなっている。スタイルが出しやすいので、主にパークやジブをメインで滑るという人におすすめのモデル。

足底にD-LUGソールというソールが使用されておりクッション性が高く、安定した滑りができる。これもパークなどにおすすめである。


D-Lugソール

以前は、側面についているブーツを締め上げるためのレーシングシステムパーツが取れるという声もあったのだが、すでに改善されている。
やわらかを求めるパークライダーにはいまだにおすすめのモデルだが、カービングやキッカーなども楽しみたいというオールラウンダー向けには、ある程度の硬さを持っている他モデルも出ているので、そちらをおすすめする。

3-2.Deemon

ディーモンと読む。こちらは、ID6.2よりもしっかりとしたアウターを持つ。しかし、硬すぎて扱いづらいということはない。というのも、比較的硬い素材でできているのは図でいうと赤い部分で、足首の付け根部分の部分は大きく切り欠いてある。この構造によって、加重をかけた際のやわらかさを実現している。
パークやグラトリ、また多少キッカーも楽しみたいというオールラウンダー向けの一足となっている。

技術的にはアウター外側にD-TEXという素材をしており、防水性保温性を高めてある。以前のDEELUXEブーツは防水観点だと他のメーカーに劣っていた点があったが、D-TEXによって解消された。
また、締め方にはC3レーシングという形式を採用している。これは、サイドについている紐を引くことで締まる方法を基本としているのだが、片側の黄色い紐は足首部分を締める用、逆の赤いほうはそれ以外の部分を締める用というように分けているものだ。足首部分の締め具合はスタイルや好みによって微細に調整できるべきというコンセプトでつくられているというわけだ。

また、アウターのタン部分の内側にはEVAパッドというパーツを入れられるようになっている。足が細い人などは特にスネ部分をよりしっかりと締めたいという場合があるが、そうした場合にEVAパッドを入れるというわけだ。

3-3.Empire

EmpireはDeemonよりもさらに硬さが強いブーツ。足首部分の切り欠きもDeemonよりも小さい。しかし、フレックスのやわらかさを感じないかというとそういうわけでもなく、パークなどでのパフォーマンスもできるため、こちらもなんでもやりたいオールラウンダー向けのブーツとなっている。Deemonはパーク、グラトリメインでキッカーやカービングも楽しみたいという人向け、こちらは逆にキッカーやハーフパイプなどがメインでパークもたまに滑るという人におすすめのブーツだ。

技術的にはアウター素材にT-TEXが使用されており、防水性能、保温性能が高い。
また、足首部分のアウターの切り欠きはDeemonよりも小さいが、左右非対称系になっているのも特徴。内側の方がフレックスが柔らかくなるように設計されている。通常ボードを滑る際は足を内側に移動させ加重をかけるという行為が多いため(グラトリでプレス系の技などは別)ボードのベストポジションに乗りやすくなっている。

3-4.Vicious

DEELUXEのカービング用モデル。全体的に硬めのフレックスになっておりフリースタイルカービングに適している。

技術面ではC3レーシングwith BOAという締め上げ方式となっている。これは、足首の部分のみBOA(ダイヤル式)の締め上げ方式になっており、しっかりと締め上げることが可能なもの。それ以外は逆側についている紐を引くと締まる。

3-5.Choice

ChoiceはDEELUXEで最も柔らかいフレックスのブーツのひとつ。IDよりもさらに柔らかいブーツがほしいという人向けのものとなっている。
単純に柔らかくするとホールド感が弱くなるので、DeemonにあったようにC3レーシングシステムを採用しており、足首部分は別で締められるようになっている。

4.まとめ

DEELUXEはこのほかにも、プロライダーによるシグネイチャーモデルやバックカントリー用のモデルなども出しているが、あまり一般的ではない。今回紹介したモデルをベースに「もう少しここがこうならいいのに……」というこだわりを持っている人で、ぴったりのものがあれば買う程度で考えておけば良いだろう。

また、初心者向けとしてChoiceのように柔らかいフレックスを持ったAlphaというモデルも出しているが、こちらはサーモインナーが採用されていないモデルで、DEELUXEの良さを味わえないのでここではおすすめしない。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする