FLUXビンディング調整方法-購入したら調整しよう!

本文上広告




Pocket

FLUXはスノーボードビンディングで人気のブランド。どれも細かく調整できるようにつくられているのだが、板とビンディングをセットで購入した場合、多くはショップが未調整のデフォルト状態で角度だけ決めて取り付けるため、うまく使われていないケースも多い。

というわけで、人気のDSを例にしてFLUXのビンディングのセッティングに関して記載してみよう。

FLUXビンディングに関してはこちら

1.FLUXビンディング

FLUXは日本が世界に誇るビンディングブランド。UNION、BURTONの3社で日本でのシェアのほとんどを占めている。

特に、DSはFLUXの中でもやわらかめのフレックスを持っており使いやすく、代表的ともいえるモデルである。

今回はすでに取り付いているDSを外して、各部を調整する。

FLUXの付け外し方はこちら

2.フットベッドの調整

取り外したらまず行ったほうが良いのはフットベッドの調整。

FLUXのビンディングはフットベッドを構成しているトゥクッションとヒールクッションを(というよりベースプレートサイズ自体を)ブーツサイズに合わせて調整することができる。これはブーツからの力の伝達を効率的にするので必ずやっておいた方が良いのだが、やっている人が意外に少ない。

下図で黄色の丸の部分が爪になっているので外しながら矢印方向に引っ張る。出しすぎるとボードからはみ出てしまうので、自分のボードと合わせてみてはみ出ない程度に出す。


今回、ヒール側は最大まで、トゥ側は1メモリ分引き出した。


ブーツとクッションの接地面が増えて力の伝達効率が上がる

2.ストラップの調整

次にストラップを調整する。

トゥストラップはバンド根元の位置が2か所用意されており、好みに合わせて調整できる。ビンディングを取り外したら、トゥストラップを下方向に引き下げると外れる。デフォルトでは手前側についているはずだが、つま先側に移動させてもよい。

FLUXのストラップはF.T.M. Versaと呼ばれつま先側と足の甲側好きな方で固定することができる。

あくまで傾向でブーツにもよるが、つま先で止める際はストラップバンド付け根は手前側、甲で止める際はバンド付け根はつま先側の方がホールド性能はよくなるだろう。

アンクルストラップ側も付け根を2か所から選択できるようになっている。下図のつまみを立てて回すと調整が可能。裏側も同様。こちらもブーツと合わせてホールド感の高い方を選ぼう。

あとは、ストラップセンターの位置調整。下図DEELUXEのブーツでは、センターが左にずれている。

バントとのつなぎ目のつまみを起こして回せば取り外せるのでトゥ側、アンクル側それぞれ1穴分伸ばすと、センターになった。

3.ハイバックの調整

今回、必要なかったので行っていないのだが、ハイバックを調整することもできる。

まずはハイバックの位置。ローテーションの調整という。

サイドについているつまみを立てて回すことでハイバックが外れる。デフォルトではセンターに取り付いているが、右寄り、左寄りに付け替えることが可能。

これはどういうことかというと、通常多くのユーザーはビンディングを板に取り付ける際に角度をつける。ハイバックを使う動作で最も頻繁に行われるのはヒール側のターンの時なのだが、その際にビンディングのセンターにハイバックがあるよりも、エッジに対して平行になるようにハイバックがある方が、ヒールサイドへの力の伝達効率が上がり、レスポンスが向上する。

ではなぜ筆者がこの調整を今回しなかったかというと、これはあくまでターン性能を重視する際のセッティングのため。筆者はパークやグラトリもかなり行うのだが、そうしたトリックの際には必ずしもエッジ方向に対してのみ力を加えるわけではなく、ボード全体をスピンさせたりねじったりといった動作が多くなる。そのときはむしろビンディングのセンターになるようにハイバックがついていた方が扱いやすいこともあるため、今回は調整していない。


ビンディングセンターに合わせたハイバック(上図)とエッジに平行になるように合わせたハイバック(下図)のイメージ。左のビンディングが異なり、ターン性能を重視するなら下図のセッティングのほうがメリットが多い。

カービング、フリーライド志向のプレーヤーはローテーション調整をした方が良いだろう。

次にハイバック角度。他ブランドのビンディングでもほぼ必ずある調整機構なので知っている人も多い。

FLUXのビンディングはマイクロアジャスターという機構が備わっており、DSはこれによってハイバック角度を調整する。

ハイバック付け根の内側部分にメモリがふってあり、この数値を大きくするとハイバックの角度が倒れる。調整する際はビンディング外側のつまみを緩める。

ハイバックの角度を倒した時のメリットは、やはりヒール側のターンのレスポンス改善。倒した方がクイックで鋭いターン性能が期待できる。しかし、こちらもパークやグラトリ志向のプレーヤーにとっては足の自由度が低くなるので、最も立っているデフォルト設定のままでよいだろう。

また、DSにはついていないが、モデルによってはハイバック外側につまみがついておりより細かく角度調整ができるものもある。

4.カスタムスタビライザーの取り付け

FLUXビンディングでDSもしくはTMを購入したユーザーはカスタムスタビライザーというパーツが付属してくる。下図のようなパーツでDSの場合はゴムのような反発を持っているソフトフレックスタイプなのだが、このパーツ、カタログにも記載がないし取説にもどのような効果があるのかほとんど情報がないという謎のパーツ。

取り付ける場合はビンディング裏のヒール側両端に埋め込む穴が開いているので差し込むことになる。パーツは左右、外側内側それぞれ別形状になっておりどの位置かは表面に記載されている。

筆者が実際に取り付けた際に感じた効果はこうである。

まず、ゴム状のパーツをビンディング裏に取り付けることになるので、板とビンディングの接触点が変わってくる。ビンディングの外側にあたるこの位置が板と強く接触するようになるので、板の操作性が向上する。より具体的に言うと、特にプレスやオーリー、ノーリーといった板の前後方向に加わる力の伝達効率が上がり、より大きな反発力などを引き出すことができる。

また、スタビライザー自体にやわらかさがあるためビンディングと板の固定感が和らぐ。これは、よく言えば自由度が上がりより柔軟性の高いプレースタイルが可能でクッション性能も上がる。しかし、悪く言えば板からのクイックなレスポンスが得られにくくなり、また、高速滑走時に板のバタつきが大きくなる。

TMに付属しているスタビライザーの場合はハードフレックスとなっているので、DSのものよりもやわらかさによるメリット、デメリットは出にくいだろう。

結局つけるべきかつけないべきかというと、フリースタイル志向のプレーヤーはつけるのがおすすめ、フリーライド志向のプレーヤーはつけないのがおすすめである。

5.ビンディングの取り付けとフットベッドスペーサーの取り付け

これで、一通りの調整は完了。ビンディングを板へと取り付ける。取り付け方は上でも記載した下記リンクを参照してもらいたい。

FLUXの付け外し方はこちら

板を取り付けた後、2.でフットベッド位置を調整している場合は下図のようにフットベッド爪の横に隙間ができている。

FLUXにはスタビライザーの他にフットベッドスペーサーというパーツが付属しており、これを使用してこの隙間を埋める。シールになっているのでちょうど良い幅のものを貼り付ければよい。


こんな感じでちょうど隙間が埋まった

6.まとめ

以上でFLUXの調整は完了。細かい部分は異なるが他ブランドも調整機構は似通っているため、大部分はビンディングを外してみて、この記事を参考にすればわかるだろう。

余談であるが、ビンディング調整やスタンス幅の決定、スタンス角度の決定というのは、実はなかなか影響が大きい。例えば、板が硬いと感じた際に多くのユーザーは「もっとやわらかい板を購入したい(購入すればよかった)」と考えるのだが、両足間のスタンス幅を左右ほんの5mmずつ狭くすることで解決できることも多い。スタンス幅を狭くするとノーズ、テールの長さは実質長くなるが、ここが長いほど板はしならせやすく、板が本来持っている反発力を引き出しやすくなる。

板とビンディングをセットで購入するとショップで取り付けてもらえるが、こうした細かい調整までは普通は指示しなければやってくれないので、最終的には自分で調整できるスキルが必要になってくる。その際、「どこをどう変えるとどのように滑りに影響するか」ということを理解する助けとして、本記事を参考にしてもらえるとありがたい。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする