【Ninja1000SX】レバー交換 U-KANAYAアルミビレットレバー

本文上広告




Pocket

先日、Ninja1000SXのレバーを交換した。実は、Ninja1000SXのレバーはカスタムパーツの種類が少なく、良いレバーが発売されるのをずっと待っていた。

今回U-KANAYAからNinja1000SX用のあるいビレットレバーが出たので、こちらを購入し、交換してみた。

U-KANAYAアルミビレットレバー

レバー種類

交換したものは、U-KANAYAの販売しているアルミビレットレバー。

このレバー、何種類かバリエーションがある。

まず、スタンダード仕様のショートとロング。単純に長さが異なるものが2種類。

次に、ツーリング用。握りの部分がカーブ形状になっており、握る際の力の入り方が均一になることで、長時間の操作でも手が疲れにくいというもの。Ninja1000SXの標準レバーもこうした形のカーブがついている。

さらにGPモデル。先端部分に縦長の穴があいており、高速走行時の空気抵抗を軽減するというもの。

最後に可倒式。レバーが中央部分から折れ曲がるようになっており、万が一の転倒時にレバーへのダメージを最小限にす。また、GPモデル同様、先端部分に穴をあけた形状になっている。

レバー選び 

この中で、購入したのはスタンダードのロングタイプ。

GPである必要は全くなく、可倒式も正直好きではない。転倒時という稀なケースに備えて、無駄な可倒機構を付けるつもりはない。

ツーリングに関しては悩んだが、スタンダードにした。カーブ形状は、確かに握りが楽になるかもしれないが、やはり操作性を考えると、角ばっていた方が細かい握りの調整がやりやすい。

ショートかロングかに関しては、ロング一択。Ninja1000SXのハンドル長は結構長い。標準レバーもかなり長く、実際、今回交換するロングタイプのレバーよりも若干長いくらいである。

カラーに関しては、ゴールドを選択。将来的に車体をゴールドに塗装したいと思っていることもあり、この色。

また、レバーの角度を調整するためのつまみ部分もカラーが選べるようになっているが、この部分はシルバーにした。

デザインを考える上での基本だが、基本的に白、黒、シルバー(グレー)系統以外の色はあまり増やさない方が良い。1色か2色に抑えておくのが無難である。

商品の購入は発売直後ということもあったためか、アマゾンや楽天ではできず、U-KANAYAのオンラインショップでしか入手できなかった。

ちなみに、U-KANAYAのこのレバー、実は一度販売中止になっている。ブレーキレバーの機構設計にミスがあり、初期のものは取り付けるとブレーキランプが点灯したままになる。

今の、第二世代は修正されているが、その状態一度販売したというのは、販売前に動作確認していないということなのか。。。

フリマサイトなどで中古を買う場合は注意が必要。

レバー取り付け

商品が届いたのちに、実際にレバーを交換する。

ブレーキレバー交換

まずは簡単に交換できるブレーキ側。

レバーまわりのビスを回すためにまず、レバーを取り付けているクランプを緩める。スタータースイッチの横についているものである。

緩めたら、ブレーキレバー裏にあるナットを取り除く。

その後、ブレーキレバー表側のボルトをマイナスドライバーで回しながら抜き取る。

これで、ブレーキレバーを外すことができる。

取り付けは簡単で、新しいブレーキレバーを同じ位置にはめ、元ついていたボルトとナットで締めるだけである。

取り付けの際には、レバーとレバーソケットが当たる部分やボルトにグリスを塗る。

クラッチレバー交換

クラッチレバー側は少々複雑で難しい。

クラッチは、クラッチワイヤーを新しいレバーにはめ込む必要があり、レバー自体を止めているクランプを、一度取り外さなければいけない。スイッチ類の横についているボルトを緩め、クラッチレバーを一度取り外す。

レバーを分解したいが、一体となっているホルダーが邪魔でナットが外せない。そのため、まずはホルダーを取り外す。

プラスドライバーでビスを1つ外し、レバーと一体になっているホルダーを取り除く。

裏のナットを外すと、レバーとクランプパーツを固定しているボルトが抜き取れる。

クラッチワイヤーは、先端部分のボールがレバーパーツの溝に引っ掛かり固定されている。溝に合うようにワイヤーを這わせて、レバーとワイヤーを切り離す。

クラッチレバーは2つのパーツと、ジョイントとなる円柱状のシリンダーパーツで構成されている。このシリンダーパーツは、新しいレバーでも使用する。

新しいレバーの他のパーツと組み合わさる部分にグリスを塗る。先ほど取り外したシリンダーパーツを新しいレバーの穴にはめ込む。

クラッチワイヤーとレバーを組み付ける。最終的には、新しいレバーの溝にワイヤー先端のボールをはめ込むことになる。

ただし、レバー表面に覆いかぶさるように来るクラッチホルダーパーツを付けたうえで行う必要がある。

このワイヤーを組み付ける作業が結構難しい。。。

レバーを組み付けたら、取り外した時と逆の順番でパーツを戻していく。ボルトを戻し、レバー裏のナットを締める。その後、横についていたホルダーをもとに戻していく。

クランプをハンドルバーにつけ戻したら、交換作業は完了である。

ブレーキ調整

取り付けが終わったら、レバーの角度などを調整する。

レバーについているつまみを調整すると、レバーが遠くなる。標準状態で、結構近めの位置になるようで、筆者の場合は、6段階あるつまみの5段階目にした。この状態で、大体もともとついていた純正レバーと同じくらいのレバー角かなという感覚。

また、ブレーキランプの点灯位置(ブレーキのあそび)は、ブレーキレバー奥側のつまみを回すことで可能。

マイナスドライバーで回して調整するのだが、通常のドライバーだとアルミ製なので傷がつきやすい。可能であれば樹脂製のマイナスドライバーのようなものがあるといいだろう。

まとめ

今回は、Ninja1000SXのレバーをアルミ製のものに交換した。

実際使用してみると、標準のものに比べてかなり角ばった握り心地。まあ、レバーの握り心地はすぐに慣れて気にならなくなる。

純正のものに比べて、握りたい時にすぐ反応でき、レスポンス性は良くなっているように思う。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする