新型Ninja250登場!現行モデルとの比較

本文上広告




Pocket

10/25のプレスデーから始まった東京モーターショー2017でカワサキがNinja250/400をフルモデルチェンジすることを発表した!Ninja250は筆者も所有しており、非常に気になったので現行モデルとの違いをまとめておく。

現行モデルのNinja250は3代目。2013年に現行モデルへとフルモデルチェンジされ、それまではNinja250Rだったのに対してNinja250へと名前も変わった。5年ぶりの変更というわけである。

デザイン

見た目の違いは以下の通り(横アングルは400のものだが、ミラーとマフラーの長さ以外はデザインにほぼ違いはない)。


2018年モデル


2017年モデル(KRT Edition)


2018年モデル


2017年モデル(KRT Edition)


2018年モデル


2017年モデル(KRT Edition)

見た目、少しやせたように見える。今回の一番の変化点はエンジンの性能アップと軽量化という点らしいので、見た目にもその違いがうかがえる。
個人的には現行モデルのデザインの方が好みだったな。

Spec

主なスペックを比較すると以下のよう。

  2018年モデル 2013年モデル
全長 1,990mm 2,020mm
全幅 710mm 715mm
全高 1,155mm 1,110mm
ホイールベース 1,370mm 1,410mm
シート高 795mm 785mm
重量 167kg 174kg
燃料タンク 14L 17L
最低地上高 145mm 140mm
エンジン 水冷並列2気筒4バルブ 水冷並列2気筒4バルブ
排気量 249cc 248cc
ボアxストローク 70mmx51.8mm 62mmx41.2mm
圧縮比 11.6:1 11.3:1
ギア 6速 6速
馬力 28.5kw(39PS)/12,500rpm 23kW(31PS)/11,000rpm
トルク 23.5Nm/10,000rpm 21Nm/8,500rpm
キャスター 24.3° 26°
トレール 90mm 82mm
フロントブレーキ 310mmディスク/2POT 290mmディスク
リアブレーキ 220mmディスク/2POT 220mmディスク
フロントタイヤ 110/70-17 M/C 54H 110/70-17 M/C 54H
リアタイヤ 140/70-17 M/C 66H 140/70-17 M/C 66H

全長が短くなっており、重量も軽くなっている。また、エンジンの出力性能も上がっているように思う。この違いでどこまで乗り心地が変わってくるか気になるところだ。それにしても167kgはなかなか軽い。マフラーやホイールを交換すれば150kg切るのではないだろうか。

少し残念なのはタンクの容量が減っている点。軽量化に伴って、燃費も改善しているのだろうか。

もう一つ、非常にうれしいのはヘッドライト。現行のNinja250は右目がロー、左目がハイビームのH7バルブを使用している。新型の方はロー2つ、ハイ2つのLEDとなっている模様。
やはり片目ずつだと部分的に暗い場所が出てしまうので、夜間に走る場合はかなりうれしい変化点。

発売は2018年の2-3月ごろになるとのことなので、入手したいユーザーは販売店に要相談だ。

Pocket