【初心者からプロまで】ホットワックスのかけ方とワックスが染み込む原理

本文上広告




Pocket

マイボードを購入したら、滑走性能面からも長く使うという保護目的面からもワックスをかけておきたいところ。ワクシングのやり方には数種類の方法があるが、セルフメンテナンスで最も優れた方法はアイロンを使用したホットワックス。

ここではホットワックスのかけ方を解説する。

1.ワックスの種類

ワクシングの方法には以下のような数種類の方法がある。

・液体状の直塗りタイプ、スプレータイプ

液体状になっている滑走材をソール面に直接塗るタイプ。表面に滑走材が付着するのだが、ほとんど染み込みはしないので、ワックスの持ちはあまり良くなく、半日も持たない。あくまで滑らなくなった際の緊急用ととらえたほうが良い。

直塗り以外にスプレー形状となっているタイプもあるが、用途は同じ。

・固形ワックスをコルクを使用して直塗り

ホットワックス用のアイロンを持っていない場合によくとられる方法。ホットワックス用の固形ワックスをソールに直に塗り、コルクを使って擦ることでワックスを溶かし、塗り込む方法。作業がかなり大変な割にはあまり効果が得られないので、おすすめはしない。

・アイロンを使用したホットワックス

市販されている固形ワックスはほとんどがホットワックス用となっている。ホットワックスはアイロンを使用してワックスを溶かし、ソール面に塗り込む方法。特に、ハイエンドなボードはホットワックスをする前提でつくられているソールとなっているため、是非ともやっておきたい。

大まかな手順は、アイロンでワックスを溶かし、しばらく冷やしてから表面のワックスを剥がし(スクレイピング)、ブラシをかけるという工程になる。GALLIUM、SWIXといったワックスメーカーがホットワックスのかけ方を詳しく説明していたりするのだが、実は細かい部分で違いがある。例えばブラシの工程で何のブラシを使用するかなど。今回は一般的な方法に、ソールの構造から考えて有効と言えるポイントを合わせて手順を記載するので参考にしてもらいたい。

2.ワックスが染み込む原理

#この部分は専門的な内容になるので、ワックスの手順だけ知りたいユーザーは読み飛ばしてもらいたい。

2-1.滑走抵抗の種類と有効なワックス

雪と滑走面の間には抵抗が発生しそれを緩和するためにワックスを塗る。この抵抗は主に4つの要素からなると言われている。

1.水の吸いつきによる抵抗

雪国に住んだことのある人なら分かると思うが、雪道を車で走っているときに最も滑りやすい日は気温が0℃前後で路面がわずかに溶けている日である。これより気温が低い日はブレーキを踏んでもあまり滑ることはなく、気温が高くなると溶けた水の量が増えるためそれなりにブレーキがきく。

スノーボードが滑るときも同様の状態となっていると言われており、滑走面が雪の上を滑ることによる摩擦熱で雪の表面がわずかに溶け、薄い水の膜が潤滑剤の役割をして摩擦を減らすからとされている。

しかし、気温が高い日はやはり雪が水を含みすぎる。雪が水を含みすぎると水が持っている吸着力(表面張力が有名)によって抵抗になるとされる。

ワックスの持っている撥水性能は水をはじき、この吸着力を減らしてくれる。また、滑走面にストラクチャーという溝をつけて排水性能を高めるという方法もあるが、スノーボードではハイエンドなモデルでも購入時ストラクチャーがついていないことが多い。


ストラクチャー例 from シーメンテ

2.乾燥摩擦抵抗

気温が低いときには、滑走面と雪の表面の摩擦によって溶ける雪の割合は減り、雪の粒が直接接する割合が増えてくる。この部分による抵抗を乾燥摩擦抵抗と呼び、気温が低いほど高くなる。

ワックスにはこれを減らす効果もあるが、やわらかめのワックスを使用した場合、気温が低いときに残っている雪の粒がワックスに突き刺さり、低減効果が薄くなる。ある程度の硬さを持ったワックスの場合、雪の粒を柔軟に受け流して抵抗を減らしてくれるため、低温用のワックスは硬めのものとなる。

3.ゴミや汚れによる抵抗

春先の汚れた雪でよく経験すると思うが、滑走面が黒く汚れて滑らなくなることがある。これは滑走面の表面に付着したゴミが雪との摩擦を高めて抵抗となる現象。また、通常のソールはポリエチレンでできており、静電気を帯びやすいのでゴミを吸い寄せる性質もある。

こうしたゴミによる抵抗を減らすにはフッ素系ワックスが有効。テフロン加工されたフライパンのようにゴミの付着を防いでくれる。また、ワックスによってはグラファイト配合のワックスがある。これは静電気を逃がす効果があるので、ゴミの付着を防いでくれる。

4.静電気による抵抗

静電気によるゴミの付着とは異なる抵抗として、静電気自体の性質もある。静電気を帯びたもの同士は互いにくっつく性質があり滑りが悪くなる。これは気温が低く雪が乾いているときに大きくなる抵抗である。

この場合に有効な対策はゴミの付着と同様グラファイト系のワックスで放電してやることである。

2-2.ホットワックスを染み込ませる原理

ワックスが染み込むとはどういうことなのかを理解するためには、滑走面であるソールの構造を知らなければいけない。少々専門的内容になるが、これは以下の記事で紹介している。

【プロ対応】ワクシングに役立つ、スノーボード滑走面の専門知識

ソール上にワックスを乗せてアイロンで温めると、ソールは熱膨張する。ソールを構成しているポリエチレンの分子数は膨張しても変わらないため、これは分子と分子の隙間が開くということを意味する。

結晶部分は隙間が狭いので、アモルファスの部分の隙間が広くなりワックスの分子が入り込む。これがワックスが染み込む仕組みである。

時間が経つほどに染み込む量は多くなるが、分子の隙間が開く量が決まっているため、ある程度の時間が経つとそれ以上染み込まなくなってくる。また、温度が高いほど染み込む量が多くなる傾向もあるが、温度を上げすぎるとソールを痛める可能性が出てくる。

アイロンの温度が100℃の場合、およそ3分で染み込む量は飽和するため、その後の冷やしてスクレイピングしてブラシをかけるという工程へ進む。

2-3.何度も繰り返す意味とは

ワックスメーカーのマニュアルを見るとアイロンで塗り込むところからブラシがけまでを1工程として、何度も繰り返すように書かれている。その期間と量は1週間から4週間かけて9回から50回あたりまでを推奨している。さらに詳しく言うと始めは高気温用のやわらかめのワックスを使用し、回数を重ねるにつれて徐々に低温用の硬めのものにしていくことを推奨している。

一般ユーザーは、正直あまり現実的な回数ではないのだが、繰り返すことにどんな意味があるのかを解説しよう。

物体は通常、力を加えると元に戻ろうとする性質があり弾性と呼ばれる。ところがポリエチレンを含むプラスチックにはクリープという現象があり、例えば引っ張る方向に力を加えると、時間とともに徐々に伸びて元に戻りづらくなる。

したがって、熱で広がったソールを構成する分子は、冷えて元に戻ろうとするときにワックスの分子が入り込んでいるため元に戻ることができず、時間が経つにつれて元に戻ろうとする力が弱くなっていく。その状態で加熱すると分子の隙間はまた決まった量だけ開き更にワックスを吸収していくわけである。この作業によってソールを形作る構成分子がどんどん密になっていき、滑走性能も上がっていくわけである。

3.ホットワックスに必要な道具

では、具体的な手順に入る前に、ホットワックスをする上で必要な道具を紹介する。

1.アイロン

固形ワックスを溶かすためのアイロンは必ず必要なツール。GALLIUMなどのワックスメーカーからホットワックス用のアイロンが出ているがなかなか価格が高い。最悪家庭用のアイロンでも代用可能だが、温度調節が細かくできないのでソールを傷めないか心配な場合は素直にホットワックス用のものが良いだろう。また、家庭用には通常蒸気を出すための穴がついているが、この部分が邪魔なのでワクシングペーパーを使用すると良い。

2.固形ワックス

固形ワックスについてはかなり奥が深いので書き出すとキリがないが、ここでは最低限必要な情報を記載する。

まず、固形ワックスにはベースワックスと滑走用ワックスがある。ベースワックスは滑走性能だけでなくソールの保護観点からも必ず行っておきたいもの。滑走ワックスはフッ素などの成分が入っていることが多く、ベースワックスを施したうえで使用する滑走性能の高いものである。価格もかなり違い、滑走ワックスはベースワックスの倍以上の値段となっているものが多い。限られた予算の中で選ぶならまずはベースワックスを購入すること。

3.ワクシングペーパー

ソール上で溶かしたワックスを塗り広げるときに使うペーパー。ソールが高温になり過ぎるのを防ぐ、ワックスがまんべんなく広がるのを容易にする、余分なワックスの厚塗りを防ぎその後の剥がし取る工程を楽にするなどの効果がある。

あったほうが良いのだが、筆者はそこまで必要性を感じていないので使用していない。工程が楽になり、価格もそれほど高くないので購入しても良いだろう。

4.スクレイパー

塗り終わったワックスを剥がし取るために使用する直方体のプラスチック。ワックスメーカーがいろいろ販売しているが角のしっかりしたプラスチック定規で代用できる。

コアなユーザーによっては薄いほうがたわませることができ、細かい部分のワックスを剥がしやすいという人もいるが、スクレイパーとして売っているもので薄いものなどほとんどないので、その場合はむしろ定規を使用したほうが良いだろう。

5.ブラシ

スクレイパーで剥がしきれなかった細かいワックスや、ストラクチャーをつけている場合は溝に溜まっているワックスを取り除くために使用するブラシ。

ブラシにはナイロンブラシ、馬毛ブラシ、ブロンズブラシなどがあるが、一般的なのはナイロンブラシ。しかし、ナイロンブラシは毛先が太く、細かい部分まで取り除けないため、個人的にはあまり好きではない。その場合、馬毛ブラシが良い。

より丁寧に行いたいというユーザーはナイロンブラシ後に馬毛ブラシを使用するなどが良いが、このあたりは各ワックスメーカーによっても推奨されるブラシの種類や順序が異なるので、それほどこだわることも無いように思う。

ブラシの種類に関しては下記の記事でもう少し詳しく紹介している。

スノーボード ソールのケバ取り ブロンズブラシでどこまで取れるか?

4.ホットワックスの手順

では、具体的な手順を説明しよう。上でも記載したが、流れとしては

1.アイロンで固形ワックスを溶かし、塗り込む
2.しばらく放置して冷やす
3.スクレイパーで表面のワックスを剥がし取る
4.ブラシをかける

という手順になる。仕上げにポリッシングするという人もいるが、あまり効果はないと思うのでオプション扱いとしている。

また、ソールが傷ついている場合はリペア工程、極端に汚れている場合はクリーニング工程を行ってからホットワックスに入るが、ここではそうしたメンテナンスはすべて実施済みという想定で、シーズン中に頻繁に行うホットワックスのやり方の説明となる。

まずは、アイロンのスイッチを入れて温めるが、設定温度をあまり高くするとソールを傷めてしまう可能性があるので注意。固形ワックスには通常推奨のアイロン設定温度が記載されているのでその値に設定する(通常は100℃前後)。

アイロンが温まったら固形ワックスを溶かす。ずっと当て続けて垂らしていくというやり方と、少し温めてワックス表面がやわらかくなったらソールに擦りつけるというやり方があるが、おすすめなのは擦りつける方法。その後、塗り広げるときにこちらの方がやりやすくなる。また、やわらかめのワックスの場合はアイロンでわざわざ温めなくても塗り付けられる。


少し表面を温めてから擦りつける

ある程度まんべんなく塗り終わったら、アイロンを直接ソールに当てて塗り広げる。筆者は使用していないがワクシングペーパーを使用する場合は片手にペーパーを持ち、もう片方の手でアイロンを動かすことになる。

注意点は、一か所にアイロンをとどめてしまうとソールが高温になり過ぎて傷んでしまうので常に動かし続けていること。特にアイロンの設定温度が高い時には注意が必要である。

100℃設定なら3分ほどソールが温まった状態をつくっておけばそれ以上ワックスは染み込まなくなる。短すぎると滑走性能が上がらないので、ワックスが溶けて広がったからと言ってすぐにやめないこと。


塗り終わった状態

塗り終わったら、しばらく放置してソールを冷やす。最低でも20分、可能なら1晩おいたほうが良い。

十分に時間が経ったらスクレイピングとなる。スクレイパーを使って表面のワックスを剥がし取る。ここで注意したいのは通常スクレイパーに使用されているアクリル素材はソールを形成するポリエチレンよりも硬い素材となっているので、あまり力を入れすぎないようにする。特にソールにストラクチャーを付けれている場合は溝が薄くなってしまうので注意。ただし、スクレイピング処理をよくやっておかないとその後のブラッシングが大変となる。

また、スクレイピングする方向は基本的にはノーズからテール方向に直線的にかけること。

スクレイピングで白いカスが出なくなってきたら、ブラシで細かいカスを取り除く。これもノーズからテール方向に向かって統一させること。

ブラシをかけると白い粉状のワックスが出てくる。なかなか、大変な作業なのだが、よりクオリティを求めたい人はナイロンブラシ→馬毛ブラシなど複数回行う。

この後、仕上げにポリッシングを行うことがある。専用のポリッシングペーパーのようなものも販売されており、艶が出たりするのだが、個人的にはブラッシングをしっかりとしていれば、あまり滑走性能に効果はないように思う。

これで一通りのワクシングは完了となる。より、滑走性能を求めたいというプレーヤーはこの工程を複数回繰り返すことになる。

ホットワックスの滑走性能はしっかりかけたとしても丸1日もたないと言われている。とは言っても、直塗りやスプレータイプと比べるともちがいい。基本的には滑りに行く前日までにホットワックスをかけておくということをおすすめする。

5.まとめ

ホットワックスのかけ方と、ワックスが染み込む原理、滑走性能を落とす要因などかなり専門的な内容まで解説した。ここまでの知識は年に1,2回しか滑りに行かないユーザーには必要ないかもしれないが、こだわり始めるとよりスノーボードが楽しくなるので、ぜひ専門的な内容を理解してもらいたいところである。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする