本格四川風、基本の麻婆豆腐

本文上広告




Pocket

たまには、少し手の込んだ料理も作ろうと思い、麻婆豆腐を作ることにした。中華料理は専用の調味料が必要なので敬遠されがちだが、調味料さえ揃えれば自宅でもおいしく本格的な中華が作れる。クッ○ドゥーなどの調理パッケージとは違い、よくある味噌を使った麻婆豆腐ともはっきり違う味なので試してみてほしい。

材料 3人分

  • 木綿豆腐 1丁(300g)
  • 豚挽き肉 150g
  • 生シイタケ 2個
  • ネギ 15cm
  • ショウガ 1/2かけ
  • ニンニク 1かけ
  • 豆板醤 小さじ1
    ○合わせ調味料
    • 甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1
    • 醤油、酒 各大さじ1
    • 中華スープの素(顆粒) 小さじ2/3
    • 水 2/3カップ
  • ごま油 大さじ2
    ○水溶き片栗粉
    • 片栗粉 小さじ2
    • 水 小さじ2
  • ごま油(仕上げ用)小さじ1
  • 花山椒 少々

1.豆腐をペーパータオルに包んで耐熱皿に乗せ、上に重りになるものを乗せる。電子レンジに入れて500Wで2分加熱する。

2分経つと、水分が出て少し小さくなるので、出てきた水をすてる。

2.ショウガ、ネギ、ニンニク、シイタケはみじん切りにする。片栗粉は1:1の割合で水と混ぜておいて置く。

3.合わせ調味料はあらかじめよく混ぜておく。

4.フライパンにごま油をひき、ショウガ、ネギ、ニンニクを炒める。中火で30秒ほど炒めて香りを出す。

5.ひき肉を加えて炒め、ざっとほぐれたシイタケを加える。t

6.ひき肉の色が変わったら、豆板醤を加えて炒め合わせる。

7.合わせ調味料を加えて煮立て、1.5cm角に切った豆腐を加えて1~2分煮る。

8.一度火を止め、水につけておいた片栗粉をよく混ぜてから加える。すぐに強火で火をつけて混ぜ合わせ、とろみを出す。

9.仕上げにごま油を落として、花山椒を振り皿に取ったら完成

○コラム

・甜麺醤(テンメンジャン)

小麦粉を発酵させて作る中国の味噌のようなもの。甘みが強く、北京ダックにつけて食べることもある。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする