狭い部屋にも置ける!ダイニングソファを購入

本文上広告




Pocket

先日、住居の引っ越しに伴い、部屋が広くなったため、新しくリビングようにソファを購入した。狭い部屋にも置けるように、本来ダイニングソファ用として販売されているものを、リビングに置いたのだが、なかなか良かったのでレビューしておこうと思う。

1.購入したソファ

今回、購入したのは、こちらのARXのダイニングソファ。

もともと、ダイニングに置く用途のソファで、アーム部分のないタイプのソファ、ダイニングテーブル、ベンチなどがラインナップされている。セットとしての販売もある。

実は筆者は、アーム部分のないタイプのソファをもともと持っており、今回リビングが少しだけ広くなったため、左アーム付きのタイプを追加で購入した。

このダイニングソファは、通常のソファよりコンパクトなので、都会のマンションなどの狭い部屋でもおくことが可能。ワンルームでもソファが欲しいという人には、ダイニングソファをお勧めする。

ただし、奥行きが多少浅く、アーム部分もない場合、やはりリビングでくつろぐ用途としては、通常のソファより劣ってしまう。そこで今回、アーム部分を追加購入して、L字型にすることで、ゴロ寝もできるような構成にランクアップ!


こんな感じで足をのばして休めるイメージ

ダイニングテーブルはTVのあるリビングに置くと、高さがありすぎて邪魔なので購入しない。

2.商品到着、開封、組み立て

商品を注文すると、ソファサイズの大きな段ボールが一つ届く。箱を開けてみると、ソファ本体と足、ネジ類が入っており、足は自分で取り付けることになる。

ネジを回すためのL型六角レンチも同梱されているが、足の構造上これがかなり使用しにくい。約半回転回すたびに、一度引き抜き、再度差し込みなおして回すという操作を繰り返さなければいけなくなっている。

あまりに使いづらかったため、筆者は自前のラチェット付き六角レンチを使用して、ネジ止めした。これだと、何度も引き抜きの操作をしなくて済むので効率的。

この要領で4本とも足を付ければ完成。ネジとワッシャは予備として入っているひとつずつが余る。

ちなみに、足の裏には傷防止用の円形クッションが最初から貼り付けられていた。

3.使用レビュー

ARXのソファは、もともとダイニング用ということもあり、ある程度の固さはある。深く沈みこむようなふかふかのものではないが、座ったり寝転がったりするのには十分やわらかい。

布地ということもあり、汚れると洗えないのが心配なところであるが、普通に使用している分には10年程度は問題なく使用できるだろう。下の写真の手前においてあるアームなしのものは、すでに6年使用しているが、多少生地にしわができている程度で、破れなどの問題は特にない。

背もたれやアーム部分も、一見細くて頼りないように見えるが、意外としっかりしており大人が強くもたれかかっても問題ない。重さもあるため、転倒することもない。

というわけで、なかなか良い製品なので、部屋が狭いけどソファが欲しいという人は、一度検討してみてはいかがだろうか。

Pocket

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする